町家コラム

金澤町家とは

金沢市内にある伝統的な構造、形態又は意匠を有する木造の建築物のうち、本市の歴史、伝統及び文化を伝える建築物で、昭和25年の建築基準法(寺院・神社等を除く)の施行の際現に存していたものです。具体的には、町家、武士系住宅、近代和風住宅と呼ばれる歴史的建築物の総称です。

町家とは

藩政時代に城下町や港町などの町人居住地に建ち並んでいた建物で、商人や職人たちが住んでいた都市住宅です。建物は、直接道路に面して建ち、隣家同士が接して敷地間口一杯に軒を連ねていました。建物は隣同士接していますが長屋ではなく、互いに柱や壁は共有せずに、それぞれが独立しています。

旧涌波家住宅(金沢市指定文化財) 
中村家住宅(国登録有形文化財)

武士系住宅とは

藩政時代に武士が住んでいた住宅で、かつて城下町の約6割を占めていた武士居住地に建っていた建物です。建物は敷地のほぼ中央に独立して建ち、門を構え、周囲を土塀で囲われていました。敷地内には実の生る樹木が植えられ、座敷に面して簡素な庭園が設えられていました。武士系住宅は、このような武士住宅の様式を継承した住宅です

旧平尾家[移築前](市指定文化財)

近代和風住宅とは

明治維新後に日本に入ってきた西洋文明による近代化で変容した伝統的建築様式、建築技法、建築材料によって建てられた住宅です。現在、市内に残る金澤町家の多くがこの近代和風住宅です。町家あるいは武士系住宅の流れを汲んでいます。

西家住宅(国登録有形文化財)
小泉家住宅(国登録有形文化財)